スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン症でも迷わず産む。東尾理子さんの逞しさ、人間力に心打たれる

第一子がダウン症の可能性があると医師に診断されたことでも話題となった、
プロゴルファーで俳優の石田純一さんの妻、東尾理子さん。
彼女は噂されるより自らのブログでカミングアウトし、
2012年7月25日の読売新聞でもその想いをしっかりと私たちに伝えてくれ、私は心底感動しました。
掲載されていた東尾さんの記事を切り抜きましたが、WEB上にも掲載されていましたので紹介します。

不妊治療受けた東尾理子さんインタビュー全文(4)がんばった過程は、絶対にプラス
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62264&category=c_p1_012

最近は妊娠中、検査をすれば早い段階でダウン症ということがわかるので、
診断された8割、9割の人が中絶を選ぶと耳にしたことがあります。
彼女たちの判断を責める権利は誰にもありません。育てていくのは親自身、他の誰でもないのだから。

それでも私は、10年近く知的障害者のボランティアをしているうちに、
ダウン症の子を持つ親たちに会う機会が多くありました。
彼ら彼女らに共通していえるのは、他のどんな親たちよりも根っから明るいとういか、本当に芯が強い。
人間力をもっている。
子は親を選んで生れてくるとか、生れる前の記憶がある子供がいるとか最近話題になっていますが、
それがもし本当なら…障害をもった子供たちは、
「この2人だったら自分の障害も救ってくれるかもしれないなあ」と彼らを選び、
お腹に宿ってこの世に生れてくるのだろうか。
そう、思いたいほど…素敵なお父さん、お母さんたちをたくさん見ました。

東尾理子さんにも、その逞しさ、女性としての素晴らしい母性をこの記事を読んで感じ、
涙が止まりませんでした。
ダウン症の疑いがかなり高いのに、それでも受け入れる覚悟ができているとは、簡単には 口にはできない。
だからこそ、東尾さんからは学びを頂きました。言葉の一言一言から、温かさと、重みを感じます。

出産、頑張ってほしいですね^^

母子ともに無事出産を終えられること、心から応援します。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トビー

Author:トビー
FC2ブログへようこそ!

右脳の体操2

注目ワード

YAHOOトピックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。